top of page
  • 執筆者の写真にじのき保育園

芋掘り

話は今年の3月まで遡ります。

絵本でサツマイモに興味を持った子どもたち。近くのスーパーにサツマイモを買いに行きました。





帰ってきてから触ったり、半分に切って中を観察したり匂いを嗅いだりして楽しみました。

にじのき保育園ではリボーンベジタブルや畑を借りて野菜を育てているので、子どもたちと話をして、サツマイモの芽出しをして苗作りを行いました!

毎日水やりを子どもたちが行い、最後に必ず踊り付きで「おーきーくなーれ!おーきくなーれ!」と踊りながら育てたかいがあって、立派な芽が育ちました!





その芽をチョキンし、畑に植えに行き、水やり、草むしりと子どもたちと保育士等が協力して、たくさんのサツマイモができました!





サツマイモへの愛が強い年長児は、先日行われた小さなお楽しみ会(運動会)もサツマイモになりきりながら楽しんでいます。


それほど好きで自分たちで育てたサツマイモ掘りを行いました!

蔦をみて大興奮。サツマイモが地面からみえて大興奮。たくさんサツマイモができていて大興奮!













たくさんとった後、保育園に始まりからの過程の写真とサツマイモを飾ると、お迎え時にパパやママに嬉しそうに話してる姿が印象的でした。



子どもたちの興味関心から、どんどん形を変えて「生活のいっぺんを体験し、自分で使えるようにする」というのを長期的に遊びとして継続できた活動でした。


大変だったなー。でも楽しかったなー。そう言えるみんなの思い出の活動になりました。

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page