• にじのき保育園

2歳児クラスのお友だち。

更新日:4月5日

保育園やおうちで使ったものが洗濯され大人が畳んでる姿に興味を持ち、保育園でも「畳みたい」とお手伝いを始めた。

それを見て、「楽しそう!」なのか「憧れ」なのか0歳児クラスのお友だちも真似をするようになった。


畳み方の先生は2歳児クラスの子。

大人はそばで見守っている。

このお手伝いが、自然と習慣化されて日常生活の遊びになる。

大人は一切手を出さない。

大人の世界を模倣した子どもたちの世界で、子どもたち自身が作った「生活の中の遊び」というコーナー。

異年齢活動の時間を作るのではなく、自然と異年齢になるこの空間。

こういう姿を見れると「保育」って素敵だし、大人からの発達にそくした提供「だけ」ではなりえない成長に感動する。

#お手伝い #遊びと学び #生活から遊びへ #習慣化 #異年齢活動 #千葉県 #市川市 #行徳 #小規模保育園 #にじのき保育園 #株式会社にじいろキャンバス

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示