• にじのき保育園

小さなお楽しみ会2022

10月1日は、にじのき保育園の「小さなお楽しみ会」でした。


夏祭りでは、お化け屋敷を行い、おばけに興味を持ち、おばけから忍者に興味を持ち、日常で忍者ごっこを楽しんでいました。



そこから今回の小さなお楽しみ会のテーマは「忍者」に決まり、そして普段にじのき保育園は「地域を園庭に!」を大切に地域に遊びに出掛けています。


にじのき保育園の在園児ご家庭を異年齢の5グループに分けて、地域にでて忍者修行(ウォークラリー形式)をすることに。




今回協力してくれた方々は、、


・パティスリーアンファンさん



・海彦水産さん



・南消防署さん



・リムデンタルクリニックさん



・だきしめタイさん



・宇田川園さん



・南根公園



が、にじのき保育園のために質問を出してくれたり、お話をしてくれたり、お店の物を提供してくれたりと本当に本当にお世話になりました。




普段子どもたちとたくさん関わらせていただいているが、保護者の方々と一緒に行事を作っていただき、「またきてねー!」と言ってもらえたのは「地域を園庭に!」を大切にしているにじのき保育園にとっては嬉しい限りでした。


忍者修行を終えて、全グループにじのき保育園のエントランス前に戻り、見つけた手紙を開封すると「保育園の中へ」と。


にじのき保育園の中は忍者屋敷に。


にじのき保育園に来た事ある人はご存知だと思いますが、にじのき保育園はとても狭い保育園です。ですが、保育士等たちが空間を最大限生かそうと、エントランスを座敷にしました。



中に入る入り口を探し、部屋の中へ。




たくさん歩き、大変だったこともあるかもしれません。








でも共に過ごし共に育つ仲間たちと一緒に乗り越え、宝まで見つけられました。



子どもたちの興味関心から、普段の活動ができ、普段の活動の中で地域にお世話になり、それを広げながら、保護者の方々に知ってもらうために、また地域により深くかかわっていくために行事としていってます。



職員たちも、子どもたち、保護者の皆様方、地域の皆様方に負けないように、「本当の体験」「本物の経験」「失われた知識」などを今の時期にどう感じてもらうか真剣に考え、実践してくれました。


にじのき保育園の目指していきたい姿が、ちゃんと表現できた行事になったのではないかと感じています。



月曜日からは、また余韻と新しい興味関心に向かって共に過ごし、共に育っていきたいと思います。




閲覧数:118回0件のコメント

最新記事

すべて表示