top of page
  • 執筆者の写真にじのき保育園

令和5年度大きくなった会

今日はにじのき保育園の卒園式「大きくなった会」でした。


証書授与やお父さん、お母さんに育児頑張った認定証を渡したり、子どもたちが好きな「にじ」の歌に合わせてライブペイントしたり、子どもたちが花屋さんに行き、お父さんとお母さんにプレゼントする花を選んで渡したりとにじのき保育園らしい暖かな会になったかなと思います。


この一年間色々なことがありました。それでも子どもたち、保護者の方々、職員で最後まで理念方針のもとみんなで頑張ってきたことが、今日1日全て表現できたかな。




子どもたちは、お父さんお母さんを思って選んだ一輪の花。買ってきた後に花言葉を調べてみると「感謝」「友情」「ねぎらい」などの意味がある花がばかりでした。



それだけでも職員は感動でした。


子どもたちがライブペイントした作品も本当に素晴らしく縛られてない自由な表現が持つ力を感じさせられました。




にじのき保育園の一期生が作ったにじのキャンバス。そこに代々卒園児が手形を打ってきました。今年6年目でそのキャンバスも全てうまり、1つのサイクルが終了した気持ちと共に、来年度からは新しいスタートを保育園も切っていきたいと思います。


1年に1回くるこの日。寂しさもありますが、この日を迎えられ、みんなで作る卒園式は保育士としても保育園としてもやりがいと充実感でいっぱいになります。



まだ3月終わるまで少しあります。最後までみんなで走り切りたいと思います。




つぼみ組さんご卒園おめでとうございます!



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page